『MVNO(格安SIM)』のオススメはココだ!〜中古iPhoneを運用する場合〜

MVNO

次々と新しいモデルが出るiPhoneですが、古いモデルだからと言って使えないかというとそんなこともありません。
「最新モデル」ということにこだわりがない人にとって、1〜2つくらい、もっと言えば3つくらい古いモデルを買うことのほうが意義があったりします。

今回はそんな中古iPhoneを使うにあたって、オススメの『MVNO(※)を紹介していきます。
もちろん最新モデルであっても問題ありませんが、今回は中古iPhoneユーザーがもっともこだわる「コスパ」で比較していきたいと思います。
(※)仮想移動体通信事業者。移動体通信サービスを行う事業者のこと。 参照元: Wikipedia

mineo(マイネオ)

mvno

最安:700円〜

マルチキャリア対応料金の安さ、また公式コミュニティサイトマイネ王にあるフリータンクなどが第1位の理由です。

MVNOの意外な落とし穴というか、日本ならではのややこしい形態のせいでキャリアごとの縛りがあるのはあまり知られていません。
今でこそ各社SIMフリーやSIMロック解除に応じていますが、少し前まではバリバリのキャリア縛りが横行しておりました。

そんな中、MVNOで唯一ドコモ・ソフトバンク系とau系それぞれに対応したプランを発表したのがmineo(マイネオ)なのです。

支払方法は原則クレジットカード決済となっており、電話番号の有無とデータ量による料金プランが選べます。
契約中のパケットを使い切っても前述のマイネ王にフリータンクがあるので、一言お礼を伝えて1度に最大1ギガまで受けとることができます。

公式サイト: マイネ王


UQmobile(ユーキューモバイル)

mvno

最安:980円〜

MVNOでダントツの回線速度を誇るのがこのUQmobile(ユーキューモバイル)です。
混雑しがちなお昼の時間帯などでも気にせず使用することができ、安定してインターネットに接続することが可能です。

ただしauの回線を利用しているので、auで購入したiPhone以外はSIMロック解除かフリーのiPhoneである必要があります。
またSIMカードだけでなくiPhone6s、SEとセットで購入することもできます

公式サイト: UQmobile


BIGLOBE(ビッグローブ)

mvno

最安:900円〜

iPhoneでYoutubeや高画質の動画視聴が多い人にオススメなのがBIGLOBE(ビッグローブ)です。
エンタメフリーという月額480円のオプションがあり、動画や音楽をどれだけ楽しんでも通信量にカウントされません。

またマルチキャリアにも対応し始めましたので、今後どんどん人気が出てくる可能性があります。
キャッシュバックに始まり様々なお得なキャンペーンを打ち出しているので、動画視聴が多いなら迷わずBIGLOBE(ビッグローブ)がいいでしょう。

公式サイト: BIGLOBE


楽天モバイル(ラクテンモバイル)

mvno

最安:525円〜

とにかく安さを求めるなら楽天モバイル(ラクテンモバイル)がいいでしょう。
驚きの安さでiPhoneを運用できますが、ドコモ以外のiPhoneはSIMロック解除かフリーである必要があります。

ちなみにランクインを逃した理由としてはこれといった特典がないのと、HPがやや見にくいといったことが挙げられます。

公式サイト: 楽天モバイル


IIJmio(アイアイジェイミオ)

最安:900円〜

家族みんなで運用するならIIJmio(アイアイジェイミオ)がいいでしょう。
ファミリーシェアプランというわかりやすく家族向けのプランがありますので、他社と比較してみることをオススメします。

IIJmio(アイアイジェイミオ)も現在はマルチキャリア対応ですので、機種によって使用を制限されるということはなくなりました。

公式サイト: IIJmio


各社の特徴を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

まだまだ浸透しているとは言えないMVNOですが、原因はちょっと入り口が複雑なことにあるようですね。
これまで何の疑問も持たずにキャリアを使ってきたという人は、これを機会にぜひ一度MVNOについて調べてみることをオススメします。

自分に合ったプランがきっと見つかるはずですよ。

関連記事一覧

  1. IKURA
  2. クリスマスの朝
  3. ZEKKEI Japan
  4. Gamer Coach ゲーム コーチ1
  5. ORT. 学習サービス1