こんなアプリを待ってました!割り勘アプリ『Paymo』

もうすぐ10月になろうとしていますが、最近思うことは1年があっという間に感じるようになりました。
ついこの前年が明けたかと思えばもう夏も終わりです。秋が来ればあっという間に冬が来て、忘年会シーズンに突入します。
忘年会は職場だけでなく、親しい友人同士や朝野球、フットサルなどのチームでも開いたりしますよね。

飲み会

1年の締めくくりが宴会というのも実に日本人らしいですが、例え顔見知り同士であっても大変なのが幹事です。
参加者のスケジュール調整から司会進行、二次会の手配まで目の回るような忙しさですが、せめて会計だけでも楽に済ませたいというのは本音だと思います。
都合のいい事に現代はキャッシュレス社会になりつつありますので、これを利用しない手はありませんね。

請求も支払いも簡単!送金サービスの大本命『Paymo』が割り勘を簡単に!

AnyPayが提供する送金サービス

今年8月28日にICO(※1)のコンサルティング事業に参入することを明らかにし、話題となったAnypay
Paymo(ペイモ)』は他にもある送金サービスとは異なり、コンセプトを「割り勘」に絞っている点が特徴のアプリです。

コンビニで買い物してもクレジットカードや電子マネーなどキャッシュレスで決済ができるようになり、現金を出す機会は以前に比べてぐっと少なくなりました。
Paymo』は、そんなキャッシュレス時代のニーズに最も適した割り勘送金サービスです。
※1…Initial Coin Offeringとは仮想通貨による資金調達のこと

支払いも請求も簡単操作

Paymo

Paymo』のアカウントはfacebookまたはメールアドレスで登録できます。
facebookのアカウントで登録するとfacebookの友達がそのまま反映されるので請求書の発行が楽になりますからオススメです。

Paymo』の使い方は、当日の会計時に代金全てを立て替えておいた幹事が参加者に対して請求書を作成することから始まります。
一人当たりの金額”を入力し、”当日のレシート”を撮影し添付して請求書の発行は完了です。

支払い側は、請求書が送られてくると画面に「〇〇さんから請求リクエストがあります」と表示されるので、その案内をタップし支払い方法の選択に進みます。

使用していくとポイントMy残高を選べますが、初回はクレジットカード払いを選んで決済終了です。
操作も難しくなく、表示内容も簡潔なのでITが苦手な人でも利用することができるようになっています

Paymo

宴会後は大体会計どころではない

宴もたけなわですが・・・とはよく言ったものです。
盛り上がりを過ぎてやや衰え始めた頃に大体使われますが、ここからさらにちょっとだけ時間が経過すると、楽しい宴につきものの泥酔者が出現し始めます。
中には完全に正体をなくしている人もいて、とても会計どころではありませんね。

事前に会費を徴収しておけばいいのですが、仲のいい集まりほど後回しになりがちで、幹事は後日回収にまわる羽目になったりするのです。
そんな時に『Paymo』が大活躍し、”レシート画像”と一緒に請求金額を確定して送信すれば労せずして回収することができます

Paymo

何よりお互いに気を使わなくていい!

お金のやり取りはいくら気心が知れた友人であっても慣れないものであり、面と向かって「お金ちょうだい」というのは、どんな場面でもやはり言いにくいものです。
Paymo』は直接顔を見てお金を徴収するわけでもないですし、”実際にお金を払う動作をしない”という点で支払う側も請求する側も気まずさは少なくて済みます。

それぞれにアプリをダウンロードしてもらう必要はありますが、キャッシュレスで簡単に割り勘ができる『Paymo』は今度利用される場面が増えていくことでしょう。
今年の年末は『Paymo』を利用して、幹事になっても憂鬱にならずお酒の席を思いっきり楽しみましょう。

Paymo

paymo (ペイモ)
クレカで簡単わりかんアプリ
AnyPay, Inc.

iphone アプリダウンロード 

参照元: Paymo公式サイト

関連記事一覧

  1. 脱出ゲーム,無料 脱出ゲーム,おすすめ 脱出ゲーム
  2. FPS,TPS,アプリ
  3. Buzz Video
  4. レキピオ 献立アプリ1