日本初のメーカーズウォッチブランド『knot』がまさかの1万円台で!?

knot商品イメージ

その日その日の気分や服装に合わせて腕時計も着せ替えできたらなんて考えたとこありませんか?

本来は気分やシーンに合わせて時計ごと変えるのが望ましいのですが、コレクターでもないのに高価な腕時計をいっぱい買うというのは気が進まないというのが本音です。

knot腕時計

時計は変えられなくても、せめて気分に合わせてベルトだけ簡単に交換することができたらすごくいいですよね。それこそ専用の工具や部品なんかを必要とせず、ワンタッチで誰でも簡単に交換できたらどんなにいいでしょうか。

そんなわがままを叶えてくれるのが『knot(ノット)』という時計ブランドで、キャッチコピーは「今日の服に、今日の時計。」です。

knot腕時計

メイドインジャパンの時計メーカー『knot』とは

knot』は確かなパーツを使って国内で組み立てるメイドインジャパンの品質で、驚くほどの低価格を実現したまだ出来て間もない時計メーカーです。

トラディショナルなデザインと高品質なパーツに作り、そして豊富なバリエーションからコーディネートできるという新しいビジネスモデルは瞬く間に人気を集めました。

knot』が掲げるプロダクトポリシーは品質にこだわり、価格に挑戦し、デザイン開発を怠らないことです。特に品質とデザインに対する姿勢は素晴らしく、中でも付け替え出来るベルトを毎シーズン開発するというは容易なことではありません。

knot腕時計

ベルトへのこだわりはデザインだけではなく、全てのベルトにワンタッチで簡単に付け替えできる「Eazy Leberを標準装備しています。工具を使わず出かける前の忙しい時間を無駄にしないので、その日の気分やスタイルに合わせてすぐにベルトを付け替え出来るのは『knot』だけです。

knot腕時計 ベルト着脱

SPA方式採用により実現した圧倒的なコストパフォーマンス

knot』が目指すのは「価格を抑えること」と「品質を高めること」という常識を逸脱したコンセプトです。

この無理難題なコンセプトを実現できたのは、腕時計業界では日本初となるSPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)ウォッチメーカーだからなのです。

SPAとは商品の企画・開発から販売までを行う業態のことで、最近では業種は違えどSPA方式を採用しているメーカーが増えていきているのをご存知でしょうか。

SPA方式

SPA方式を採用したことで中間マージンや無駄なコストをカットしつつ、顧客のニーズを商品に反映させやすいというメリットが生まれました。

もちろんSPA方式を採用するためには多大な労力を要しますが、MADE IN JAPANの品質と素材へのこだわりがそれを可能にしました。

knot腕時計 品質へのこだわり

若き技術者がデザインした特別モデルを発売

knot』と「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」が産学連携プロジェクトを発足し、クラウドファンディングサイト「Makuake」で販売を開始しました。

このプロジェクトは他の業種と同じように後継者不足に悩む日本の時計業界において、未来を担う若者たちにもっと技術習得に専念してもらいたいという思いからスタートしています。

そして卒業後にはスイス式のメーカーや舶来品の修理工房ではなく、日本の時計メーカーでその技術を高めて欲しいという願いも込められています。

knot腕時計

このプロジェクトで選出された作品は以下の3つで、現在「Makuake」で限定予約販売されています。

一つ目は森の木漏れ日をデザインに落とし込んだグリーンのフェイスが新鮮な時計です。knot」のラインナップの中でもグリーンのカラーリングは珍しく、その点に注目したのも素晴らしいです。

knot腕時計 山田駆デザイン

二つ目は日本の象徴的なモチーフをかぎりなく優しく表現したデザインが選ばれました。日本の伝統をイメージさせるカラーリングは、アクセントが効いたシンプルでモダンな時計に仕上がっています。

knot腕時計 木戸敏和デザイン

三つ目は「時計づくりを学ぶ自分たちだからこそ」という意味が込められらた歯車を意識したデザインの時計です。

デフォルメされた歯車がデザインのポイントになっており、針のカラーは人気のブルーメタリックとなってています。

knot腕時計 宮崎弘暉デザイン

日本のものづくりは次の世代へ

knot』の時計はオンラインショップ、または表参道のギャラリーショップで購入することが出来ます。

今回の特別モデルはストラップとセットで数量限定¥18,360(税込)で予約受付中ですので、気になるデザインがあったら早めに予約しましょう。

knot腕時計 商品イメージ

このプロジェクトの売上金は運営費や原価などのコストを除いて全てヒコ・みづのジュエリーカレッジに寄付されます。

そこから巣立っていく若い技術者たちには、これからもっと素敵な時計をつくっていって欲しいものです。

knot腕時計 技術者

<参照元>

 

関連記事一覧

  1. Revomax Ver.2 ボトル
  2. FINOⅡ チェストパック ショルダーバッグ 男性
  3. KAORU 腕時計
  4. サカナイフ 親子 料理
  5. Skeeper トラッキング
  6. VASCO スーツケース