音が静かな排気レス掃除機。日本の家庭にフィットするのは『マホウキ』でした。

家事でもっとも得意なものはなんですか?最近は家電がかなり進化しているので、もし苦手であっても大体は問題なくできるようになりましたね。

中にはフルオートのものもあり、調理器具では食材を入れてスイッチを押すだけのドラムクックなどがありますね。
国内でも次々と新しい家電が販売されていますし、外国からも日々新しい家電が開発されています。

掃除をする女性

掃除機ではダイソンが大人気ですね。
吸引力の変わらないただ一つの掃除機」というキャッチコピーはあまりにも有名です。
しかしそんなダイソンですが、日常的に使うには音がかなり大きいので時間帯を選んだりと気を使う場面が多いように思います。

やはり掃除といえば、日本には昔からある”あのアイテム”がいいのかもしれません。進化を遂げた掃除道具は、どこまで日本の家庭にフィットするのでしょうか。

日本の掃除機が辿り着いた未来は、『マホウキ』でした

日本人の生活に溶け込むカタチ

シー・シー・ピーが吸引力ではなく集塵力に注力した新しい掃除機『マホウキ』をリリースします。
目指したのは日本に昔からある「ホウキ」のように、さっといつでもキレイにできて生活にすっと溶け込むような掃除機。

掃除機に本当に必要な機能を考え直し、デザインと吸引力の進化に置き去りにされた”生活”にもう一度目を向けました

日本の家

毎日の掃除”を考えて辿り着いたのは、電動ブラシ式という日本のライフスタイルにあった掃除方法です。
必要以上の吸引力を求めた結果、毎日行わなければいけないのに騒音がつきまとって時間を制限されてしまいます。

マホウキ』は吸引力にこだわらない事で軽くてスリムなデザインと、効率的にゴミを拾い上げる電動ブラシならではの優しい運転音を実現しました。

日本の風景

電動ブラシ式

マホウキ』の特徴は、軽やかで自由な掃除スタイルを適える電動ブラシにあります。
極細繊維から生まれた”高密度やわらかロールブラシ”が高速回転することで、しっかり集塵するのに畳やフローリングを傷つけません。

マホウキ

吸引モーターを無くしたことで本体重量1100gと大幅な軽量化に加え、静かで排気レスという副産物により子供たちやペットのことを気にせず掃除できるようになりました。
モーターのみの優しい運転音なので、早朝でも深夜でも時間を選ばずいつでもささっと気軽に掃除することができます

掃除機に逃げる犬

2つのモード切替

マホウキ』は「ノーマルモード」とパワフルな「ターボモード」の2つを搭載しています。
切り替えは手元のスイッチで行うことができ、スティックを短くすればハンディモードとしても使用できます。

さらに家具の下もすいすい掃除できるフルフラット設計で、ダストボックスは外して水洗いできるのでいつも清潔に維持できます。

マホウキ

コードレスなら気になる連続使用時間は「ノーマルモード」で70分「ターボモード」で40分と十分な時間を確保し、充電時間は3,5時間の設定です。

本体サイズはW270×D105×H1052mmとなっており保管は省スペースで、価格はAmazonにて¥14,900(税抜)とちょっと高めですがその集塵能力は下の動画を見れば納得できるはずです。

新しい掃除機のカタチ

最近では少人数世帯が増えたたため家も汚れなくなり、マンションやアパート住まいの人も手軽に掃除ができるものを求めるようになりました。

求められているのは必要以上の機能ではなく、手軽で日常的な掃除であるようです。
どんなに機能のいい掃除機であっても、使うたびに億劫さを感じるのでは意味がありません。

掃除に疲れた男性

さっと毎日手軽に、周囲を気にせず気楽に。
私たち日本人にとっての掃除の在り方を、『マホウキ』を通じてもう一度考えてみる必要がありそうです。

参照元: マホウキ公式サイト

関連記事一覧

  1. DEEMCO
  2. ティファール アクティフライ
  3. LUMENA 扇風機1