【旅好き必見!!】旅を快適に過ごす為のバックパック『BAGOBAGO』って・・・?

バックパッカーは最低限の荷物をリュックに詰め込んで旅をします。

中身は数日分の着替えと水、軽食。それからスマホと充電器、薬などなど・・・。

細々としたものをできるだけコンパクトにまとめてリュック1つに詰め込みます。

しかし、旅先で休憩する際や語り合う際にあると便利な「イス」を持ち運ぶバックパッカーはいません!

大きなものや形状が変わりにくいものは持ち運びに不便なため持って行っても逆に邪魔になることが多いし、旅先でイスになりそうな場所や休憩できる施設を探せばいいので持ち運ぶ必要性もないように感じられるから・・・。

それでも、イスがあると便利ですよね・・・?

本当はあると便利な「イス」ですが、本記事ではイスの機能もあるバックパック『BAGOBAGO』のご紹介をしていきます。

どこでも簡単に座って休むことが可能

BAGOBAGO リュック
駅や空港での待ち時間で床や地面に座り込んで待っている人たちを見たことがありますが、大勢の人が集まる場所やイスや机のない場所に長時間滞在する際にイスはやはり必要です。

並んでいる人の列でも、大自然の中でもすぐにイスとして利用できるので疲れている時にもムダに体力を消費することはありません。しっかりと休んで次の行動に備えることができるのです。

バックパッカーとして休める状況を作れることはとても重要な要素だと言えます。また、イスに座れることで、ちょっとした作業やメモを取るといったことも容易にできるようになりますよね?

これまで立ちながらしていたメモ書きは手を土台にして書いていたと思います。それを膝の上で両手を使って書くことができるようになるのです。ちょっとしたことですが、安定して作業ができるということはとても嬉しいことですね。

バックパックがイスになる仕組みって?

BAGOBAGO リュック
22リットルの大容量でリュックとしての機能もきちんと果たしている『BAGOBAGO』ですが、どのようにしてイスになるのでしょうか。

それは内臓されているフレームがポイントなんです!

リュックの中に上手に折りたたまれて収納されているフレームを広げることでイスになります。
イスの脚になる部分はきちんとリュックから出てくるのでリュックや中身の荷物が汚れる心配もそう感じる事はありません。防水加工されているため、汚れにくいのも特徴です。

フレームとリュックは分けることが可能なため、万が一リュックが汚れてしまっても丸洗いすることができます。

イスとして利用する時は、ジッパーを開けてカバーを外すだけなのでほんの数秒で座ることができます。
中に重いものが入っている場合は安定感が増すかもしれませんね!

イスと旅する楽しみ

丈夫で持ち運びできるイスとしての機能もあるのですが気になるのは空港での持ち運びです。

しかし安心してください。『BAGOBAGO』は機内持ち込みできるバックパックです。
そして収納力も高いので横についているポケットにも十分にモノをいれることができます。

座っている時に簡単に荷物を取り出せるという点もポイントが高いのではないでしょうか?
ペットボトルを収納できるポケットがついているので、長い待ち時間でもサッとボトルを取り出してお茶休憩できますしね。

その他にも地図やスマホも座りながらすぐに取り出せるので本当に便利なんです!
デザインはシンプルなので、バックパッカーとしてではなく普段の私生活の中でも利用でき、中に入っているフレームは130キロの耐荷重量で大男でも安心して座ることができます。

イスの高さは膝に負荷のかかりにくい高さで設計されているため、座り心地も良いのが特徴です。

これまでは床に座ればいいと思っていたあなたの思考をコレなしでは旅できない!というものに変えてしまう可能性を秘めたイスがこの『BAGOBAGO』なのです。

参照元: bAGOBAGO(公式サイト

関連記事一覧

  1. CULCREAT
  2. TIDY mini
  3. ソーラーパネル内蔵スクエアリュック